楽天でんわサービス開始

楽天でんわがサービス開始された。
楽天でんわ  http://denwa.rakuten.co.jp/
以下個人的に調べた備忘録的まとめ(笑)


  • VoIPではない
  • 基本的にフィーチャーホン、スマートフォン向けのサービス
  • サービス提供はフュージョン・コミュニケーションズ
  • 基本料金は不要
  • 通話料金はかける対象にかかわらず 10.5円/30秒
  • 相手には自分のケータイ番号が表示される
  • アプリが用意されている
  • アプリがなくても、相手の電話番号の前にアクセス番号である「0037-68-」をつけることで実現できる。アプリはそれを自動化するもの。したがって、フィーチャーホンでも利用できる
  • アプリには元々無料対象となっている通話相手に対しては上記アクセス番号をつけないようにする「無料通話リスト」という設定がある
  • 足回り回線はキャリアの通話回線を使用している。中継部分のみフュージョンのIPネットワークなので通話品質が良さそう。よって車などでの高速移動にも強い。
  • アプリを使っている人同士の無料通話や、楽天でんわを使っている人同士の無料通話の設定は無い
  • 支払いはクレジットカードを使ってフュージョン・コミュニケーションズに支払う形になる

このあたりから見えてくることは、

  • ケータイ相手にかける場合(21.0円/1分)はVoIP(16.8円/1分)と比較すると若干割高ではあるが、基本料金が無い分使い方によっては安くなる。損益分岐点は約98分なのでそれ以上話す場合は050plus、それ以下なら楽天でんわがベストチョイス
  • 固定電話にかける場合にもケータイにかけるのと同じ料金(21.0円/1分)になるため、これらの場合は050plus等のVoIPサービスのほうが格安(8.4円/3分)となる。
  • 050ではないので、初めてかける相手でも電話に出てもらいやすい
  • VoIP特有の聞き取りづらい音声ではない
  • 原理的には固定電話からも利用できることになるのだろうが、すべてにおいて料金が高くなることになるのでメリットはない

類似するサービスとしては、

がある。
前者はブラステルカードに料金をチャージして利用するタイプで、カード入手の容易性等を含め若干しきいが高く感じるかも知れないが、2円/6秒という細かい課金単位なので通話料金を節約できる可能性も高いのが1番のメリットとなる。
ただ、サービスの内容としてはよくても、「楽天」ブランドに拒否反応を示す人もすくなからずいるので、このサービス名称はなんとかならなかったのか?とも思えるのだが…。
さて、みなさんはどのサービスが自分の使い方に合っているのでしょうか?
個人的にはこんなシチュエーションで使うのがベストかな?と思っています。

  • 自分の契約するキャリア以外のケータイに対する通話
  • 自分の契約するキャリア同士であっても有料になる時間帯の通話

注意すべき点としては、

  • 家族割等で確実に無料通話になるケースでは楽天でんわアプリを使用しない。楽天でんわアプリを常時使いたい場合は「無料通話リスト」を確実に作っておく
  • 固定電話、IP電話等に対する発信は高くなる
  • このアプリに限った話ではないが、通話する時間帯を常に意識する

恐らくこの楽天でんわのサービス開始に伴い、各ケータイキャリアも今後何らかの動きがあると思うので今後が楽しみでもありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA