Google認証システム

Webを利用したシステムのセキュリティアップのために、最近は2段階認証というモバイル端末に1分ごとに変わるパスワードが表示されたものを追加で入力する方法もある。
で、その2段階認証に使われるアプリが、iOS、Android、WindowsPhoneと出ているわけだが、WindowsPhone用を除いてはそのアプリの作成元はGoogleである。
脱Googleを目指している人からすると、誠にはがゆい状況になるのではないか。
また、ここまで心配する必要はないとは思うのだが、その認証アプリを利用することで、このセキュリティの根幹をGoogleに押さえられてしまってるのではないか?という危機感を抱いて居る人もいるかも知れない。事実Android用のアプリでは完全なインターネットアクセスとシステムのアカウントに関するセキュリティの許可が与えられている。仮にこっそりキーとなるデータが送られていても判らないわけだ。
これに関しては、検索してみても話題にされている形跡は見受けられず、不安な人は不安になるかも知れない。
そういう向きは、セキュリティ対策ソフトの検討も視野にいれたほうがいいのだろう。
いずにしても、信用度の問題、使う人の意識次第、という話にはなるが、なかなか微妙な気分だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA